美人の定義について

あなたの職場に美人はいるでしょうか。いくら美人だといっても、万人から認められる美人はそうそういません。その人の価値観に沿ったそれぞれの美人像があるのではないでしょうか。

見た目がキレイな人が勘違いされやすいのが、器用で仕事ができるということ。見た目が良ければ、それ以上に期待されてしまうということが往々にしてあるようです。
その感覚は、テレビの特集などで多くの美人さんが取り上げられていることも一つの原因ではないかと思います。

確かに見た目が美人だと華やかでいいものです。しかし、見た目だけの美人はすぐに飽きます。本当の美人は中身が伴っているものです。むしろ、外見がそこまでよくなくても仕事が出来るから、美人に見える場合は大いにありえるのです。

何事も、威勢良く取り組む姿を見ると、とても美人に見えます。そのことを念頭に置いて仕事に取り組むのと、そうでないのでは差が出るはずです。本当に美意識が高い方は、化粧一つにしても、仕事としての化粧と、プライベートの化粧を分けているように感じます。仕事とプライベートにメリハリをつけて仕事へ取り組む姿勢が、周囲から見る目を左右するのです。

なにも最初から完璧にする必要はありません。完璧にしようという姿勢こそが、美人の美人たる最低条件なので、どう取り組むかは仕事のできる女性をみて学習すれば自ずと近づいていきます。美人だと思う人の仕事ぶりをしっかりと見てみてください。そしてそれを取り込んでいくことが、美人への近道になることと思います。ルックスやキャリアは、そういうことではあまり関係がないということを、頭の片隅に入れておいてもらえればと思います。本当の美しさは、内側から溢れてくるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です