においエチケットの解決策

女性としてにおいがしないようにケアをしていくのはエチケットであり、特に患者との接触が多い看護師ともなるとその点はシビアになります。看護の仕事は相手の近くに寄って仕事をすることが多いため、少しでもにおいがすると相手に感じ取られてしまいます。そのため、基本的なマナーとして身につけたいものであることは明らかです。しかし、看護師の仕事は激務になる場合が多く、仕事に慣れるまでは疲労でにおいまでに気が回らないかもしれません。忙しさで日頃からケアをしていくことが難しく、仕事をこなしているのが精一杯になってしまう人もいます。看護ケアをしているのに、においで人々に嫌な思いをさせてしまっていては、本末転倒です。どんなに忙しくても、きちんとお風呂で汗を流す習慣はつけましょう。汗っかきな人は、汗拭きシートや制汗スプレーなどを常備しておくといいでしょう。

においには、毎日対処しなければいけないということを肝に命じる必要があります。その際に有用なのがサプリメントです。ただ飲むだけで香りがするサプリメントもあれば、消臭作用が期待できるサプリメントもあるため、毎日適当なタイミングで飲むことによって口臭も体臭も気にかからないレベルにすることができます。仕事をしているうちに香水の香りが落ちてしまうことはよくあるものの、サプリメントであれば身体の中から香りがするようになるため落ちてしまうリスクが少なくなります。確実に必要になる水分補給の際に一緒に飲めば良いだけなので、いつ何時でも気になった時に飲むことが可能なのがサプリメントのメリットでしょう。

自分のにおいは案外気付かないものです。大丈夫かどうか気になるなら、信頼できる友人に相談してみるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です